2011/03/17

今更ながら予感はあった・・・


・・・今云う分には事後だから、別段ダレに信用される狐トも無くて、
これ起因で恨み言云われる狐トもナイだろうから敢えて告白すると~


ぜ~ったい九州新幹線開業時に何らかの妨げある~♥ とか感じてたのだよ~Ψ(`∀´)Ψ


ただ、アレほど大きな災害起因になるとは、流石にねぇ・・・ ちと不本意(´ヘ`;)
あの津波映像見た時は、911のトキ同様のリアクションで、なんかのフィクションかとオモタし・・・
しかも、おきつね死者数予測の10倍死亡って、もうマジイミフ・・・ ┐(´_`)┌

まあ被災死亡者数は、政府行政が おきつね予想水準を遥かに下回る防災設備しか
現地に実装していなかった狐トに起因するので まぁ仕方がないが、あそこまで無防備だったとは、
ナンの為に税金セ〆ているのか首を傾げてしまわざるを得ない・・・

随分昔に発生した同規模の津波の記録と、その検証が昨今発表され話題となったが、
それらに対し、対策にコストを掛ける狐トを嫌い過ぎる国民性が生んだ人的災害とも云えるだろう。
とは云え、あのタイミングから対策を万全にするのは、時系列的にムリだっただろうケド(^_^;)


で、そもそも その過去の災害の記憶は、各地に伝承として残ったモノも在った筈nanoだが、
軽視され消えたモノも多い模様・・・ ソレは、安易に宗教などのオカルトに偏った伝承となっていたが為、
後世で形骸化し廃れ、継承されるべき伝承としての用を成さなくなってしまっていた狐トで、津波に対する警戒感と
対策の重要性の認識が地域の民の中から少しずつ失われていった結果nanoだと定義でき、そうした空気は、
該当するインフラへの投資をヨシとしない風潮が生み、無防備な領域を生じさせたと結論して良いだろう。


伝え方が偏れば、どのような優れた知識も意を成さなくなってしまうのだ。


物理的に存在しないモノに頼った記録の残し方では無く、余分な鰭のナイ適切な情報を遺す狐トこそ、
後世に生きる知識伝承と成り得るのだと定義しておくべきか・・・
< あれぇ? 後半内容が随分・・・(´ヘ`;) >

0 件のコメント:

コメントを投稿