2011/03/21

周辺地域の風評被害・・・


・・・なんてモノは、政府のマヌケでも事前想定できそうなモノだが?


判っているモノとして、敢えてツッ込み煎れなかったのだが、
やっぱり役立たずは役立たずだったと云う罠・・・( ´,_ゝ`)プッ

原発事故発生時の基本対応として、近郊都市/集落への物資輸送は、
政府/自衛隊が請け負うべきコトとして、定義しておくべき事項である。

それにより、現地実測値を一般へ明確に提示するコトも叶い、稚拙な風評を回避できる。


つか ソレ以前に、事故現場30km圏内のコミュニティが生きてる地域すら放置プレイだろ?
政府主導で隔地へ疎開させるでもナシに・・・ ┐(´_`)┌


ま、東電のサルすらウマく廻せなかった点を鑑みるに、政治主導と政府主導の違いも判らぬ水準nanoだろうから、
そんな政府首脳陣や霞ヶ関の連中をアテにするのもドウかとは思うが、自分たちが無闇に
権力を主張するだけの存在で無いコトを国民にアピールできるチャンスを、著しく逸したのは間違いがナイ。


残念ながら政府首脳陣は、物事の分散処理の重要性を理解できていない模様だ。
彼らは、自らの無能を認識し 我々おきつね級に対して素直に情報を乞う姿勢すら持てないと診ゆる。
結局は、自分たちの面子だけが先に出ているのだろう・・・ ┐(´_`)┌
そこから逸脱できぬようなら、この事態を打開するコトなど叶わぬと学習すべきだ。


取り敢えず、現地への物資輸送量軽減の為、コミュニティ単位の疎開を一層加速させる必要がある。
現地人による復興は、ベースインフラ復旧後で充分だ。

また、病院に入院している患者の隔地輸送は、政府機関が率先しなければ不可能だ、
対応が遅れに遅れていると自覚し、迅速に対応せよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿