2009/07/31

Ⓕ岡県弁護士会と書いて・・・


防犯カメラ設置に反対声明 福岡弁護士会が県警に提出 - 静岡新聞 [ 20090731 1229 ] -Cash-


・・・"犯罪者擁護団体"と読ませるΨ(`∀´)Ψ
管理システムに難があるとは云え、この案件に反対しているのは、犯罪者か、その予備群だと知れ。


> プライバシー権を侵害するばかりか
結局 人間に因る監視 なんてぇ程度になるんじゃあ、手段としては水準低い。
だったらカメラ設置のコスト掛けるだけムダ って意味なら、反対なのも理解できる。
どうせケーサツなんて、死人が出る(犯罪が発生する)まで動かないんだしなぁww


> 言論表現の自由を萎縮させる危険がある
ソレは書き手の意識の問題で、気にするほうがマヌケ、自意識過剰甚だしい。
そもそも、そんな程度で萎えるってぇんなら、モノ描きなんてヤめてしまえ!!

   ◇

・・・しかし、HD画質の低価格Web鯖カメラの選択と、鯖システムの構築には、特定の知識を要す。
ケーサツの連中には "絶対に" ムリだw 結局、業者との癒着を生んで終わりだな・・・(-_-;

そんな役立たずのケーサツがコノ手の情報を管理するのは、確かに問題か・・・
また別の、不正の温床になるの確定だ。

   ◇

そうした既存特定機関を使った国家に依る監視を嫌うと云うのであれば、
ソレも防止する最善策として、監視に人間を一切配しない、全く別の情報蓄積専門の機関を設置すべきだ。
ツマるトコ、(特定機関の)人間の目に触れない画像取得なら、プライバシー云々という議論自体が無意味となる。
更に厳重管理を徹底する為、事故/犯罪/災害など、特定の事案に対して、ソレに限定した情報のみを、
要望する各調査機関へ受け渡すタカチを取れば良く、それら処理の完全自動化も容易だ。

IPv6を利用可能な超低価格Web鯖カメラや分散型記録鯖の、設置と管理を行う機関の設立こそ、
犯罪抑止力となり得て、且つ、証拠情報の自動収集と蓄積による迅速な犯罪解決可能な、唯一の確実な策だ!

   ◇

広域画像情報を収集するだけでは、国家に因る監視と情報捏造の可能性がある。
ココで、"Web鯖カメラなら閲覧参照がダレでも可能" と云う点が重要だ。
リアルタイムで公開を可能にし、機関以外の一般での記録にも可能にすることで、
逆に国家に因る不正を防止できる。

但し、鯖カメラ設置には、厳密なルールを適用する必要がある。
例としては、無闇に個人特定が可能なアングルは、当然設置候補から排す必要がある。
それら基準を確定させるコトこそが、今の最優先事項である。

こういった機関の設置により、警察の権限と人員を縮小し、税金の浪費を抑えるコトこそ、
財源が壊滅的な状態にあるコノ国における急務である(断言)

故に、現状のように、バカなケーサツが、税金を湯水の如く浪費して、
ムダに高価で低性能なカメラを、性急に大量設置すると云うのには、確かに賛同しかねる。

   ◇

議論は、税金の無駄遣い排除に迄至るのだよ、結局・・・
能無しの人間を、国家機関で多数雇っているコトこそ、税金の浪費に他ならないのだよ。


ホント、"少数精鋭" って コトバを知らんのかな、カナ? (´ヘ`;)
<福岡県福岡市 弁護士会 福岡県警>

0 件のコメント:

コメントを投稿