2009/03/23

アイコンライブラリをタダで・・・

    このログの内容は、否定ログを掲載しました。    
別の意味では参考になる点があるやも知れませんが、
本題としては、コチラを参照してください。


アイコンの集合体であるアイコンライブラリ(.icl/.ico)ファイル作成には、
有償ツール Microangelo が著名なトコだろう。
昔、30日間試用期間アリのアレを使っていたコトがあるが、確かに機能的にも操作的にも かなり便利だった。
が、アイコンいじるだけで、$50近くするのは どうなんだろう・・・
こう云う向きのツールに金払ってまで と云う気もないし、余裕もない。
そもそも当方、海外モノは、イマイチ支払いに要領を得ないままでいる。
怪しいモノも多かったので 手を出さなかったとも云えるが、そのヘンは、好みの問題だろう。

また、フリーのアイコンエディタの一部には、ライブラリ化機能を持つものもあるようだが、
小さいアイコンや、24bitや32bitと云った色の深いモノには、対応していないと云うのが殆どのようだ・・・


先日、この件とは全く関係のない、フォルダへのアイコン割り当てやってて、
レジストリアイコンを、容易に使えなくなっているコトに気付いた。
Regedit.exe自体がsystem32フォルダ内から無くなってて、
動作はregedt32.exeが肩代わりしている状態になってる。

いったい何時からナイのか、他のフォルダにあるのか、
検索機能を、うっかり使い物にならないWindowsSearchに差し替えてしまった端末なので、調べるのも面倒・・・
実際使うには困ることもないし、無くなった理由を知りたい人は自分で調べてちょ
つか、regedt32しか使わんし、自分で消したか知らん・・・w

で、以前アイコンとして使う為にコピーを取っていた Regedit.ico と云うのを、
鯖の古いフォルダから見つけ出した(たまたまw)、拡張子を変えただけの Regedit.exe そのものだ。
コレから、アプリケーションからリソースを抜くフリーのツール ResouceHacker を使って、
リソースファイル(.rc)込みで、アイコンを抜いてみた。 なるほど案の定、バカっぽいホド単純な記述・・・
まぁ、そのおかげで、リソースファイルと、アイコンとの相関関係を把握できたのでヨシとする。

で、本題の、タダでアイコンライブラリをツクる方法、

注)
Visual C++ ExpressEditionを使っているコトを前提として記述している。試した環境は2008。
インストールしてない場合は、MSサイトからDLしてちょ、タダだしww

◆ アイコンファイルをツクる/集める。
  ビットマップ、アイコンとしての範疇であれば、サイズ、色の深さは、全く問わない。
  MS Paintで作った .bmpファイルなどで充分。32bit画像を扱う場合は、別の画像編集アプリを使えばいい。
  色深度ほかを気にせず取り敢えず集めたいだけなら、ICONめーかーなどのツールを利用するのもテ、ラクだしw
  (つか、その域でよいなら、ANIめーかーを使ったほうがラクかもねw)
  最終的に、拡張子を.icoに変えて、デスクトップで表示できれば問題なし。

◆ リソースファイルを作る。
  ● テキストファイルを作成する。ファイル名は任意で、拡張子は .rc に変える。
    よもや、アイコンファイルの中身までイジろうかって向きで、
    拡張子非表示のままエクスプローラ使ってる人間イナイよねw


  ● 出来た.rcファイルをテキストエディタで開いて、
    001 ICON "Icon_1.ico"    
002 ICON "Icon_2.ico"
003 ICON "Icon_3.ico"
004 ICON "Icon_4.ico"
005 ICON "Icon_5.ico"
006 ICON "Icon_6.ico"
007 ICON "Icon_7.ico"
    の、ように、対象となるIconの"ファイル名"を全て列挙する。
    アイコンライブラリ作りたいだけなら他には一切記述は必要ない。
    本来なら1行あけて列挙していくのが、行儀の良い記述らしいのだが、試したらナシでもウゴいたし、
    まぁ、結果がアイコンとして使えればいいだけなので、この際ドウでもいいってコトで・・・ww

◆ VC++EEで、プロジェクトが空の DLL を作成開始する。名称は任意で・・・

◆ 空のソースファイルを作る
  VC++EE画面の ソリュションエクスプローラ(se)内 [ソース ファイル]を右クリック、
  [追加]-[新しい項目]で、[C++ファイル(.cpp)] を選び、ファイル名に "main" と入れ、[追加]ボタンを押す。
  中身は一切書かなくていい。

◆ 用意したファイルを読み込む
  ● エクスプローラで、プロジェクトのフォルダに、使うIcon全てと、作成したリソースファイルを貼り付ける。
  ● VC++EE画面に戻り、se内 [リソース ファイル]を右クリック、
    [追加]-[既存の項目]で、貼り付けたファイルを全て読み込む。

◆ ビルドする。

これで、ReleaseかDebugフォルダが作成され、中に、"{任意の名称}.dll" が出来上がるので、
拡張子をiclなりicoなりに変えてもらえば終わり。気にしないならdllのままってのもありかもね。

一回準備すれば、フォルダをコピーするとかして使い回せるので、便利だと思う。

あと、イチイチ VC++EE って記述したのは、製品版を利用している向きへのアピール。
だってアレならリソースも編集できるし、ココの記述では一部操作が一致しないw
まぁ、既知とは思うケド 一応 念の為ね・・・^_^;

0 件のコメント:

コメントを投稿