2010/12/08

期待するだけ・・・


・・・ムダでしたか ┐(´_`)┌


鳴り物入りで始まり、未だ推進中のTV地上波放送のデジタル化のハナシ。◆ まず、ケチが付いたのが双方向通信機能・・・

各位別途高速ネットワークを轢いていても、結局NTTの電話回線が無ければ使えないと云うクサれ仕様に、
おきつねさまは 普及前から見限った。 ・・・因って、後に改善されたかドウかすら知らぬ。
興味もナイ、使ったコトすらナイ、終いにはNHKのデータ放送の情報量に対応していないTVすらある始末・・・
実際、おきつねさまんちのVictor製26inch機がそのような状態だ・・・orz

ナニより、B-CASなんてぇ怪しい会社が幅利かせているのもムシが好かぬ ( ̄、 ̄)ケッそしてデジタル化の発表当時、おきつねさま的に一番期待したのは、番組内容の地域間格差の解消だった。
だが現実、そうした向きへは 全く寄与していない ┐(´_`)┌

◆ 第2のケチは、ソレに起因したコンテンツ不正流用の容易化・・・

そもそもアナログ放送時代でも、機材にチョイと金を掛ければ 高品質な動画データ化は容易に出来た。
そしてインターネットが、P2Pなどを用いた共有で 放送と同様の役割でも台頭し始めていたのだ。
当然コンテンツの複製による劣化が ほぼナイ地デジ放送のデータは、真にカモがネギを背負っているに等しい。

つまり、現在のような状況は"当時をして容易に予想できた"のだ。 総務省の連中も判っていた筈(多分w)。

因って本来、高品位な放送の実現以上に、著作権保護の抜本的な対策として、TV局の大幅再編を以って
関東全キー/地方局 同一番組の全国放送化を成すコトで それら不正を防止すべきトコロを、
そうした努力を一切怠ったコトで、ネットでの共有を ここまで広く(酷く)蔓延させたのだ!

・・・従って コンテンツ提供者は まず、

      一般による不正な共有を責めるのは 全く以って筋が違う

と、知るべきである!(#゚Д゚)ι
そして、そうした愚策を展開した国家こそ、責任を取らせるべき存在であるコトを認識すべきなのだ!!◆ ソコまで云うからには、当然、諭すべき理が在る。


もし今、同じだけの情報を 時限こそあるが リアルタイムの地デジ放送で、全国隈なく視聴できたのなら、
そうした不正運用の要求は、以前同様 精々海外在住の連中が欲するに留まったコトだろう。
現在のように、国内でまで重用される程の欲求も重要性も生じなかったと断言できる。


おきつねさまも、このクソ地方で放送されない作品では、数多在る あれらサービスの恩恵をそれなりに受けている・・・
つか厳密には、所有端末のスペックが低すぎて、再生可能な形式への変換に割く時間のほうが
圧倒的に大きいコトを踏まえると、あらゆる意味でムダなのだよ!


因って、コレがもし、土着の地デジで放送されてさえいれば、別段不正とされるモノに頼らずとも、
画質に妥協するコトも無く市販の家電だけでコンテンツを楽しめた筈なのだが、ドウだろう?( ̄ー ̄)ニヤ


また、ソースのソフト販売を待てば良いと云う問題とは、明らかに異なる次元の問題が生じている点を
コトの他理解していない ノーナシイパーン人と霞ヶ関連中が厄介なのだ。

現在の国内では、経済を下支えしていると云っても過言ではナイ程の大規模なコミュニティが、
同じコンテンツを それぞれ個別に鑑賞し、その"内容"を共有するコトで、距離を隔てて成り立ち、
多数存在しているコトは、昨今の報道などでも著名なコトかと思う。

政府も後押ししているつもりにはなっている "あの産業" のクライアントだ。

・・・が 現在、放送体系の分断に起因し、そうした向きの大半が "不正"と呼ばれている共有コンテンツに依って
辛うじて繋がりを維持しているのか実情だ。 それは他でもナイ、提供サイドの不振の原因ともなっている。
とは云え、それら企業の業績の多くは、その副産物として大きな市場を構成するに至っているのも事実。

要は、不正なモノだろうが、作品に魅力があればソフトの購買意欲に繋がり、
転じて そうでない作品であったなら、正規の"TV放送"とて、自宅のレコーダやDVDに保存して終わりなのだ。

その点を踏まえれば、正規とされているTV放送と同様に、不正と呼ばれる共有データでさえも、
プレビューとしての機能は、それなりに果たしていると定義できる。


コレがもし 上述の通り、そうしたコンテンツが、地デジで地域格差無く同時に鑑賞できていたとしたら、
"コンテンツそのもの"を共有するコトなど、その多くが意味を成さなくなるとは思わなイカ?( ̄ー ̄)ニヤ

つまり、それら不正の原因となり得る状況を遺したのは、他でもナイ


      総務省とソース提供(局)側である


と、おきつねさまは 強く糾弾してみる。

当時でさえ技術的に可能であったコトにも関わらず、地方(のカス局)に日和り、
放送の体系にメスを入れなかった事で、コンテンツ提供者が要らぬ損失を蒙っているワケだ( ´,_ゝ`)プッ

ソレは真に、"自業自得"と心得よ! と、おきつねさまは 無碍に断じてみる。クソ田舎の地方独立局も、全く代わり映えしない面子しか出ない土着番組も要らぬ!
リアルウザいから、キー局そのまま放送しろ!! オマイラなんぞ、所詮中継局でしかナイのだ!!!
身の程を弁えろっつ~のヴォケがっ!!(#゚Д゚)ι 

・・・少なくとも そうするコトで、局数関東と同じな この地方であれば、
容易に同じ放映内容を実現可能となり、情報遅延/過疎から開放される。


で、関東ローカル局番組のピックアップは、TY辺りに更なる努力を要求する。
・・・つか、中途半端にしか関東旧UHF連合との連携がウマく出来てナイ感があるので、
代替として、あれらの局と 更に繋がりの強い北部九州ローカル局新設ってのもアリだろうね、
んで TYには、TXの純粋な中継局として のみ 機能してもらうと・・・Ψ(`∀´)Ψケケケ


総務省各位、そうした大幅な改編無くして 地上波のデジタル化に意義などナイ と、知るべきである。
< 全国隈なく地デジでリアルタイムのキー局放送実現を! >

0 件のコメント:

コメントを投稿