2010/01/13

このマシン見てふと・・・


シューマッハ GP2のマシンでテスト走行 - AFP BB [ 20100113 1156 ]


・・・気付いたのだが、今となっては大抵のF1車両に、複数のHDオンボードカメラが付いている時代である。
なのに どう云う訳か、空力考えたらジャマな突起でしかないバックミラーが未だに付いているのが既にイミフ・・・

どうせカメラ積むなら、ピットやプレス向け画像取得よりも、パイロットへの情報増強に使うほうが有効だ。
"そのついでにプレスへデータを分ける" と云うカタチの方が、まだ理に適っている。

つまり、7インチ程度のLCDモニタをコックピットに配し、
リアビュー向けカメラの映像を表示するよう構成したほうが、パイロットの負担も遥かに減り、
且つ、サイドミラーが省けた分の空力特性改善が可能なのだ・・・

まぁレギュレーションの縛りもあるだろうから開発陣を一概に断ずるのは あまりに乱暴だろう。
ならば、規格のほうを時代に合わせたものに改善していくべきではないだろうか?

ソレでなくても、"GPはパイロット同士の戦い" とか欺瞞の賜うて、
EU陣に不利なテクノロジーは尽く排除した結果、米帝陣営からは総スカン喰らい、
日本では、観るのもつまらない と 悪名高いスポーツの代名詞と成り下がったF1・・・

本来ソレは、カテゴリを問わない技術力勝負の大舞台だった。

だからこそ、出場車両メーカーにとってもメリットがあった筈なのだ。
そして、それら自国メーカーの活躍には、肩入れもしたし、その浮き沈みに一喜一憂できたからこそ楽しめたのだ。

そろそろ、各国の観客も、自国チームと一丸となって楽しめるような、
面白い仕掛けを各自工夫できるようなレギュレーションであってもイイんじゃナイのかね?

つか、いい加減EU陣営本位な考えを捨てないと、F1なんざ、全く見向きもされなくなるやも知れんな・・・
いい加減危機感持てよFIA ┐(´_`)┌

0 件のコメント:

コメントを投稿