2009/05/21

こりゃイカん・・・


空気が燃料となる次世代バッテリ、英大学で開発中 - IT-PLUS [ 20090521 0928 ]
なんと容量10倍、世界初の「空気で充電できるバッテリー」が登場へ - Gigazine [ 20090521 1219 ]
空気が燃料となる次世代バッテリ、英大学で開発中 - C-NET [ 20090521 1314 ]


・・・こう云うのを海外でヤられるとツラいね、日本みたいな国には。

研究開始から大して経過せず結果を出してきてるってのもアレだか、2011には完了させる予定って・・・
内容も然る事ながら、受けてる助成金は今のところ240万ドル(2億3千万円)程度で済んでるって・・・
まだ使い切ってはいないだろうし、日本の開発陣(企業/大学問わず)より金の使い方もウマいかも知らん(゚Д゚;)


しかし多孔性炭素正極? 炭素系材料って、この系の用途では、劣化の問題を抱えてたんじゃなかったっけか?
負極に使った場合だったっけか? ・・・って、ソレ以前に、いつの時代のハナシだ? とか云われそうだが(´ヘ`;)

蓄電池がらみの企業(大小問わず)、この技術による商品が投入されるよりも前(2~5年以内)に、
同様かソレ以上に安価で大容量化が可能な新たな技術を展開できないようなら、ツブされるな(-_-;

0 件のコメント:

コメントを投稿