2009/02/05

タブレットって・・・


・・・ペンを浮かせたまま、カーソルを微動だにさせずに、ペンに付いているボタンをクリックするのは無理ですネw
ペン先に、中指の先添えて安定させるのも手なんですが、そうなると既に持ち方がペンでなくなってるし(´ヘ`;)

なので、以前より使っていたマウスジェスチャツール XWheelの設定を変更し、組み合わせて使うコトに。

まず、タブレットのドライバで、

●ペン先にマウスの左ボタン、コレは既定のまま。
●ペンの前ボタンに、マウスの中(ホイール)ボタン
●後ろボタンに、マウスの第(第1拡張)ボタン

と、割り当てます。 XWheelのほうも、Default動作の設定で、

●ペンの前ボタン(中央ボタン)を押したままで、全ての既定動作を無効に
●常時、第1拡張ボタンの既定動作を無効に
●ペンを落とした(左ボタンを押した)ままにすると、マウスの中央ボタン以外の既定動作は無効に

●ペンを落とし、安定させた上で、ペンの前ボタンを押すと、マウスの中央ボタンクリック
●ペンの前ボタンを押したまま、ペンを落とす(左クリック)で、マウスの右クリック操作。
●ペンの後ろボタン(マウスの第1拡張)を押したまま、ペンを落とす(左クリック)と、キーボードのF2
 (デスクトップやエクスプローラでファイル名の変更)

と、割り当て、多ボタンマウスと同等の操作性を確保できた。

あとは、デスクトップランチャ Orchisをコレらに合わせて、

●デスクトップをダブルクリック で、メインランチャ
●中央ボタンクリック で、システムメンテナンスランチャ

と、変更。

多ボタンマウスを使っていたときには、5つのランチャを使っいたモノの、
結局、面倒になり、メイン使用とシステム管理用に統合し、2つしか使わなくなったり・・・

とは云えコレで、効率よく操作やメンテナンスが行えるようになるのだが、
もう少しコ慣れてきたら、ランチャ(呼び出し操作)を増やす方法でも考えないと・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿