2008/08/10

改造ナシで・・・

使えそうなブツがようやく投入されたと云う感。

ACARD Technology ANS-9010
DDR2対応のRAMディスクデバイスがデモ、ACARD製 - AKIBA PC Hotline

GIGABYTEんトコのiRAM BOXよりも、単体で高価だが、
スペック等価にするなら、iRAMBOXなら2つ調達するコトになるだろうし、
CFバックアップなどをOSのカスタマイズで賄うなどの、
手間/時間/費用も合わせてを考えたら、
かなりヨいかと・・・

ただ、デザインは、GIGABYTEのほうに分があるように見えるw

また、制約のある筐体や、筐体内部の温度管理を考えた場合、
本体+ACアダブタ+eSATA と云う、外付け構成にしたほうが、
最近の端末を利用している向きには、都合が良かったのではないだろうか・・・

現商品なら、GigaBitEtherのNASケースに入れて、複数端末の、
アプリケーションのテンポラリドライブとして使うと云うのもアリだろう。
(端末1機をスタンドアロンで使ってる向きには関係ないだろうが・・・w)

つか、骨董のて端末の光学ドライブ部分に取り付け可能な、こう云う商品欲しいね、
WinのPageFile向けドライブとして・・・
なにせCFドライブでは、この用途としては期待できんのでね(´ヘ`;)

巷で流行ってる(?)シリコンドライブも、Flashメモリではなく、
RAMで作って欲しいよな、外部バッテリでバックアップ可能にして。
同容量のCFを追加すると、定時バックアップしてくれるとか・・・
そう云う商品、出ないかな、カナ?

0 件のコメント:

コメントを投稿